エロ動画は情報共有ツール

普段何気なく観ているエロ動画ですが、情報がいっぱいつまっていることをご存知でしょうか。新たな発見があるかもしれませんよ。

Page Top ▲

俺が体験した不思議なこと

オレは当時都内の某有名大学に通っていたんだけど、その通っていた大学で、ある女子生徒がエロ動画に出演しているという情報が出回り、 オレはエロ動画に出演している子が本当に居るのか確認をすべく友人たちと動き始めた。まずはこの情報の出どころを確認することにした。
とある男子学生がその女子生徒に似たエロ動画を見たという事でタイトルやどこで入手したのかを事情聴取した。
男子学生はその噂の女子学生を知っているからこの情報を流したと思いきや、ただこの学校で見かけた事があるような気がするってだけだった。
こんな適当な情報だけで噂を流すとは、もしエロ動画に出ていなかった場合女子学生が可哀想だと思った。
現代社会は怖い。ネットでもすぐに広まってしまう危険性がある。
噂の女子学生の真意を確かめるためにオレと友人はいよいよそのエロ動画を入手することに成功。
このエロ動画、レンタルがなかった為にわざわざ購入までしてしまった。もちろんオレは買わない。友人に頼むと快く購入してくれた。
タバコ1箱はサービスとしてあげといた。エロ動画をいよいよ再生。意外にも中身は結構過激なモノだった。
モザイクがあったので細部まではわからないモノの、顔射のシーンや、背中、鎖骨辺りにあったホクロを頼りにして判別してみようという事になった。
もちろんオレはこんな子学校で見かけたことはない。友人も見た事無いという。見かけた事がない子を探すという至難が始まった。
ちなみにエロ動画を全部観終わった後にちゃんと抜いといた。エロ動画に出演しているこの子とセックスできるかもしれないと想像をしただけでビンビンになる下半身だった。
そして何も収穫がないまま1カ月が経った。オレらは正直諦めかけていた。見た事がない子をこんな広い大学の施設で探すのは不可能だと。
何も参考になるモノがなかった。しかし、そこに現れたのはこの情報を流し始めた奴がオレ達の前に来た。
実は、コレは冗談なんだ、と。オレ等は最初こいつが何を言っているかわからなかった。
必死で探したこの1ヶ月間。苦楽を共にした友人。オレ達はこんなやつの為に踊らされていたのかと。
30秒程経っただろうか。オレは頭に血が上りそいつをボコボコにしてやった。周りの学生たちが騒ぎ始める。
すると1人の女性が止めに入ってきた。こんな争いみたくないと。
オレはよくよくそのオンナの顔をみると紛れもないエロ動画に出ている子だった。
まじか、と思いつつやっぱり居たんだと喜びに満ちた。